ヒューマノイドとして帰って来た死別した妻との2週間を切なく描いた本作。何気ない日常をスタンダードサイズの画面で丁寧に描くことで、残された者の悲しみを静かに映し出している。昨年、第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞とキネマイスター賞をW受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、札幌国際短編映画祭でも上映された。森田博之監督は日本映画学校(現日本映画大学)在学中から自主制作映画を監督し、『カラガラ』(2012)で第6回田辺・弁慶映画祭に入選。本作は自身の実体験をもとに物語を創作。敬愛する小津安二郎監督作品にオマージュを捧げ、近未来だがどこかレトロで懐かしい世界として設計した。撮影をMV監督である荒船泰廣が担当。主演は『私以外の人』(15)、『CRYING BITCH』(17)のミネオショウと、染谷将太監督作品『シミラー バット ディファレント』(13)、『名前のない女たち~うそつき女~』(18)の影山祐子。唐組出身の多田亜由美がヒューマノイドのセールスマンを演じている。


突然の事故で妻の晶子を失った隆。2年が過ぎても、写真家だった晶子が撮った作品や趣味で集めたインテリアに囲まれた生活をしていた。未だに大きい喪失感を抱える隆は、晶子をヒューマノイドとして蘇らせることを決意する。そしてある夏の日、“彼女”がやってきた。その姿は生前の妻そのものであった。しかし“彼女”が起動しているのは2週間のみ。蘇った晶子との最後の生活が始まる。


SNSで“魔法使い”と名乗る女は、“筑前煮”と名乗る男と定食屋で出会う。男は本当の魔法使いを探していた。女には東京に来たある目的があった。2人はプリウスで夜の東京に繰り出すのだが…。

監督・脚本・編集:森田博之 出演:中神円 ミネオショウ 製作:rhapsodie film 2018年|15分|HD|16:9|日本

●第5回岩槻映画祭 短編コンペ部門入選